読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掃除の仕方に衝撃を受ける!? -ブラジル後編-

今日は昨日に引き続き、隣人ブラジル人達の共有スペース片付け方の話です。

 

キッチンにはシンクが横並びに二つあったのですが、彼らが料理をするとその二つのシンク山盛り、かつさらにテーブルの上にも食器が山盛りなのが普通なんです。

なぜって感じですけど、彼らにとっては”まとめて一度にやったほうが効率的”みたいです。

 

そんなに山盛りの食器をシンク内に置いてしまったら洗えないんじゃないの、、、とみていると、

スポンジであわあわにした食器をどんどんコンロ近くやスパイスの収納棚の上に置いていくんです。

 

そんなことしたら、口に入るものにまで洗剤がついてしまうんじゃないの…?とヒヤヒヤしながら見ていると、あっという間にキッチン中が泡まみれになってしまいました。

 

しかも彼らが買っていた洗剤は一番安いタイプで、たぶん凄く強かったと思います。

その洗剤を使った後すぐ手が荒れてしまったので。

 

この泡あわの食器達を順に洗っていき、今度は洗った食器を置くスペースがなくなると、布で食器を拭くことなく食器棚にしまい出しました

(この時、だからいつも食器棚の中が湿っぽく、食器も濡れてたんだと気づきました。)

さらに食器棚ももう収納できなくなると、泡が残っているコンロ周辺にそのまま直で洗った後の食器を置いていったのです。

 

“それって意味あるの…?” と思わずにはいられなかったけど、初めてのことだし全てを見てみたかったので、その時は何も言いませんでした。

 

さて食器は全て洗ったけども、テーブル・棚の上・コンロが泡だらけでこれはどうするんだろうと見ていると、一人の女の子が洗剤を手にし、ダイレクトにテーブルの上などに洗剤をかけていったんです。笑

なんとも大胆に、木製のテーブルや棚も食器と同じ洗剤・同じスポンジで洗い出したんです。

いや、洗うというよりは、ソフトに洗剤をのせているといった感じでした。

 

そして今度はスポンジを洗い洗剤を落として、かなり水が浸み込んでる状態でもう一度泡のあるところを拭いていきました。

 

その泡はどうなるかっていうところですよね?

 

床に落とします。スポンジは水をたっぷり含んでいるので、泡を吸い上げてくれない。

彼女はそのまま床に、泡とスポンジに含まれていた水を落としていきました。

床はそのまま自然乾燥といった様に、特にはなにもせず ”じゃあね〜” といって部屋に帰ってしまいました^^;

 

このまま放っておくのも嫌だったので、モップをかけながら彼らが洗ったところを確認してしまった。(小姑っぽい!?笑)

シンクの中をスポンジで洗うのは別に驚くことではないじゃないですか。

でも彼らの大胆さには、日本で育ってきた私にとっては衝撃的でした。笑

 

一見綺麗になった様にも見えたテーブルやスパイス棚もやはり洗剤っぽい…..

さらに衝撃なのは、この洗剤が残った湿ったテーブルでクッキーの生地をこね出したりするのが、ちょっと私には信じられませんでした。

でも彼らはそれが当たり前で育っているから、特に何も問題ないんでしょうね^^