お寿司パーティーでの出会い

お昼ご飯を食べ終わった頃、友人シェフのイネスが到着したということで、マリアが私を呼びに来てくれた。

挨拶をし、一通り話をしたところで、さっそく私たちは買い物に出かけた。

 

帰ってから分かったのは、私たちが買いもをしている間にジョージは魚を捌く為の包丁を借りれないか、近くのレストランに聞きにってくれていた。

 

お寿司用のお米が買えるということで、最初は街の中でも大きいスーパー行きました。

お米を選んでいる間、2人は "寿司は魚だからワインは白よね。" "でも私は魚でも赤と合わせるわ。"とか、"一杯目は緑のワインで始めましょう。"なんてやりとりをしていた^^

そして、目に入ってきて気になったもの、知らない食材についてイネスに尋ね、”日本ぽい”お寿司になるように色々なものを試しに買った。

 

そして生鮮市場はもちろん魚だけではなく、肉、野菜、花そして至るエリアにカフェコーナーがあった(さすがはコーヒー大好きな国)。

 

どんな魚が好きだとか、日本人のエビの消費量は世界一だとか(笑)色々な話をしました。

自然に3人で話している様ですが、もちろん私はマリアの言っていることは分からないので、イネスが通訳してくれてました。笑

 

一通り食材を買い揃えたところで、一度カフェタイムをとってから帰宅^^

 

マリアはお友達が来るということで、いつも以上にダイニングとリビングを綺麗に飾り付けしたり、イネスは手伝いながら、お酢加減などみたいということで私を手伝ってくれました。

お吸い物を作り、浅漬けのもとがあったから簡易でお漬物も作ってあとはお客様が来るのを待ちました。

 

こちらではお米からの酢をほとんど見かけることがなく、あっても凄く高い!主流はやはりリンゴ酢でした… 日本のリンゴ酢は酸味が少なくて甘い香りがふわっとしてますが、こちらのリンゴ酢は酸味が凄い!!です!笑

 

しばらくすると、美人な姪っ子さん、お友達がぞくぞくやってきました。

みんなが揃う前は、食前酒を飲んだりマリアが作ってくれたタパスをつまみながら話をし、全員揃ってから、お吸い物を出し、そして手巻き寿司を一つ見本で作ってみせると、楽しそうにみんなも作りだしました。喜んでもらえて良かった^^

 

お友達もみんないい人でポルトガルの面白いこと、美味しいもの、絶対行った方がいいところなども教えてもらいました♪

 

そして姪っ子さんのアントニナは文学部で様々な言語を勉強しているとのこと。日本にもいつか行って、もし気に入ったら日本語も勉強したいと言ってくれた^^

さすがマリアの姪っ子さん!マリアは英語はあんまり勉強するのが好きではなかったらしいのですが、フランス語・スペイン語・イタリア語などは流暢に話します。

 

アントニナは日本の歴史や、日本と他国との関係、経済のことなどの話をよく振ってきました。

ヨーロッパの学生さんって必ずそういうことを話題にするし、自分たちにできることをいつも考えていて偉いなって正直に思いました。

もしかしたらアントニナと同い年の大学生で、同じ様な話題で議論・論争したりする人は少ないかもしれない、と伝えると、ここでは朝まで友達同士で論争したりするのは当たり前だよ。とのこと。

そこにいた、オーストリア人の女性とインド人の男性も私たちの会話に入ってきた。

日本について不思議に思うことは、どの国の人も同じなのかもしれない…? (続く)