読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリも様々

ある日コンスタンスが幼馴染の女の子を紹介してくれるというので、お昼休みに大学近くのとても感じの良いレストランへ行きました。

幼馴染ももちろんパリ出身。彼女達はもう20年以上も一緒にいるということだった。

私はその子と会うまで、きっとコンスタンスと同様すごくエレガントで笑う時も私とは違って、大きい口を開けたりしないんだろうなって思ってたんです。笑

 

私とコンスタンスが先に待ち合わせのレストランに着きしばらく待っていると、一人の女性がレストランのドアを勢いよく開けこっちに向かってずんずん歩いてきた。

彼女がコンスタンスの幼馴染、カロル。彼女はちょっとロックな感じ。だから初めの印象はコンスタンスとは真逆だなぁと思いました。

彼女は自分の世界観が強く、時々人の話を聞いていないなと思うところもあった(それは今でもそう。笑)、でも凄く優しくて親切なんです。

カロルは話をするのが大好きで、また話の展開が驚くほど早かった。例えば何かを彼女が問いかけてきて、答える前もしくは答えている間に自己完結してしまうと、もう話題は違うものに変わってしまうといった感じです^^; そしてそのやり取りをみるコンスタンスは、”いつものことよ”とでもいうように涼しい顔をして見ているのが面白かった。

フランス版漫才を見ているようで、この二人の組み合わせが大好きなんです^^

 

 

カロルが次の週末、近くの海フィゲイラ・ダ・フォズ(figueira da foz)で音楽フェスがあるから良かったら一緒に行こうと誘ってくれた。私はまだ特に予定を決めていなかったので行くことにしました。

凄く有名なフェスで、チケットがもう残っていない日もあったよ、と前の日に既にチケットを買いに行った友達が言っていたので授業のあと待ち合わせをして私たちもチケットを買いに行くこにしました。

私は友達の男の子2人もそのフェスに行きたいという話をしていたのを思い出し、その子達にも連絡して文学部の入り口で待ち合わせをしました。

 

 

チケットはインターネットもしくはフナック(fnacはCD・本・電化製品などを取り扱うフランス発のお店)で購入できるみたいだったのですが、もう既にインターネットの方は完売。余りが、しかも4人ん分あるかないか分からなかったけど、とりあえず私たちはタクシーでフナックがある川向こうのショッピングセンターまで行きました。

 

お店に到着してすぐ店員さんに聞くと、次の日曜の分だけなら4枚あるとのことだった。即行でチケットを買い、なんだか任務を達成したかのように清々しい気持ちになった私達は、急にお腹が減り、しかも物欲もでてきて、このあと4時間くらいこのショッピングセンター内をぐるぐる歩いては食べ、洋服を買って…などと楽しみました♪笑

甘んじていた。

私は授業が始まるまで、教授達は英語を交えて説明してくれるんだとばかり思っていた。

どの授業も最初の一時間だけは自己紹介などをそれぞれする時間があり、思えばその時くらいしか英語使ってくれなかった気がする。笑

 

本来こういったやり方が正解なんだとは思います。

耳をなれさせるのと、知識を得ていくことを同時に行うことで、語学は早く上達すると思うから。

 

でも!!!やる気はあっても、頭の中に単語の一つもなければ”片言”ですら意思を伝えることはできませんよね^^;

 

実は昨日お話ししたパリジェンヌのコンスタンスは少しポルトガル語が話せたのと、母国語がフランス語なので返答ができなかったとしても、だいたいは理解できる状態でした。

私を含め他の生徒は、ここからのスタート。特に準備や事前に勉強している人たちはいなかったです。だから、いきなり教授が、このテキストを読んでみて。と言い出した時はみんなちょっと狼狽えてしまいました。笑

救いは、こじんまりしたクラスだったので和気藹々とした雰囲気で、誰もが質問をしやすい雰囲気だったことです。

人数が多いと、そしてもし自分がそのクラス内の下の方のレベルの生徒なんだと感じていたら、引け目を感じて質問できないこともありますからね。。。

 

 

授業のあとに、ポルトガル人の男の子とお茶をする約束をしていたので、待ち合わせのカフェに行くと彼はすでにそこにいた。まず授業の話をしたりクラスメイト達がとてもいい人でよかったという話をした。そして私は辞書が欲しかったのと、一冊何かしら自分にあったテキストが欲しかったので、この日授業中にもらったプリントを彼に見せ大体何歳向けの本を買ったらいいのかを聞いた。彼は”幼稚園生とか小学1年生くらいの子が学ぶことをやっているみたいだよ。基礎固めが出来て語彙も増えそうな本を今から探しに行こう” と提案してくれたので、私たちは本屋に向かった。

その前に、実は日本を発つ前日に一つアプリでポル語辞書を購入していたので、一応確認してもらったらブラジルポルトガル語だね^^;って….笑

特に大きく問題はないんだけど、結構同じ単語を違う意味で使っていたり、単語自体が違うこともあるから私はできればポルトガルヨーロッパの方の辞書が欲しかったんです。

このアプリ5000円位したのに〜とか、紛らわしいからアプリのマークにポルトガルの国旗使うの禁止して欲しいなんてちょっと思ってしまった;( 笑

 

 

本屋さんに着くと、彼は店員さんに話をしてくれて、何冊かおすすめの本を持ってきてくれた。

そのうちから見やすそうな本を一冊選び、辞書は英語⇔ポルトガル語のものを購入した。

教授はポルトガル語ポルトガル語のものを買ってねと言ったけど、それは無理すぎる。辞書を引きたくてもなんて引いていいのか分からないからね^^

 

私は机に向かってやる勉強より、耳で覚える方が好きなタイプなので(苦笑) 自分でもその本を読んでみるけど、また別日に勉強を教えてもらう約束をし、またね〜といって別れました。

 

 

美しきパリジェンヌ

いよいよ授業初日を迎えました。

私のクラスは月曜から木曜日までに授業がきつめに詰められていて、そのかわり金曜日は授業がなかった。

 

文学部の校舎は入り口を入るとそこは4階で、3階よりも下の階に行くには専用の階段を使わないと行けないようになってるんです。

その日の教室が2階となっていたので、また少し早めに着くように家をでました。

 

教室の前には、物凄く美人な女の子が一人立っていた。パーティーではみなかった子だったので、話しかけてみることにしました。

彼女の名前はコンスタンス。フランス、パリ出身。

大学ではジャーナリズムを専攻していて、ポルトガル語を学ぶのは初めてらしい。

コンスタンスの従姉妹がポルトガル人で、彼女もこの大学の法学部の学生。いまは従姉妹の家に居候しているとのことだった。

 

お互いのことを話しているうちに、教授がやってきて、その後遅れて3人の女性が教室に入ってきました。

 

年齢はばらばら。コンスタンスは私の1歳年下(外見は彼女の方がよっぽど大人!!)、アメリカ人のホリーは仕事の都合でモザンビークに行かなくてはならず、その前に一年ここでポルトガル語を学ぶために来たとのこと。2人の息子さんがいるかっこいい女性パイロット。

カナダ出身のサラは両親がポルトガルだが、家族の中でポルトガル語を話すことはなく両親も教えてくれなかったので、今回従姉妹とともにこのコースに参加したという23歳の女の子。

そしてロシア出身のアンドレアは息子達がポルトガルに住んでいるので、自分も一緒にここで暮らしたいとのことだった。彼女は既に1年間ポルトガル語を勉強したといっていて、教授とはすこしポルトガル語で話しをしていた。

逆に彼女は英語が話せず、また、私たちの言っていることもわからなかったようで、そのことは少し悲しかったし、早く共通の言語を習得しなきゃと思った。

 

コンスタンスの母親もポルトガル人で、フランスとポルトガルのハーフだった。だけど彼女の母もまたサラの家族と同様にポルトガル語は話さないらしい。

カナダは移民の国だから、よくある話だと思っていたけど、ポルトガル人の移民が(家族での移民が)大変多いと知ったのはサラとの出会いがきっかけだった。

 

産業革命以降、そして移民するポルトガル人が増えたきっかけなどは歴史の話で長くなってしまうので、また今度お話しすることにしますが、簡単に言うと、その移民先で周りと早くなじみ、仕事にも恵まれるためには自分の母国語を捨てる必要があるということ。もちろん全員ではありません。ただ、そういった葛藤の中で生きるポルトガル人とフランス人を題材にした映画もあるので、そちらもまとめて今後紹介させてもらいます^^

 

プエルトリコ料理と通訳

次の日イッツァがプエルトリコ料理を作ってくれるということで、彼女の家にお邪魔しました。

 

彼女の家に着くと既に香港出身の男の子がいた。彼もまた面白くとても賢い子、そして日本だけではなく各国の様々なことに詳しい。

 

イッツァは料理をしている最中だったので、何か手伝えることはないか尋ねたけど、"お客様なんだから何にもしなくていいの〜!"と言うので、私たちは彼女が料理をしている間ハウスツアーをしました。

 

お家によって造りが違うから本当に面白い。

彼女の部屋は一階にあって凄く広かった。ただここのアパートは3階立てで、20人住んでいるのにシャワーが2箇所しかない。お手洗いも。キッチンは1つだけ。

シャワーの取り合いになったりしないの?と聞くと、朝は混戦するらしいです。でも早い者勝ちだとか。笑

 

アパートの入り口から想像できないくらい中は広く、中庭まであった。

中庭にはバーベキューセットやソファーが並べてあり、また違う日にここでバーベキューもやろうという話にもなった。

 

実は一ヶ月だけの契約を受け入れてくれるアパートメントは少ないので、大学指定やおすすめされている物件(大家さんたちがサマーコースなどの短い滞在に理解のあるところ)に住むと、イッツァの家のように10人以上で一つのキッチンやシャワーを使わなくてはならず、争奪戦や喧嘩が起こったりするのは当たり前。

でもその中でうまく自分のポジションを確立したり、上手に立ち振舞える、そしてハウスメイト達を繋げる役目になれるよう勉強できる良い機会だとも思います。

 

彼女がご馳走してくれたのは、彼女の実家でよく食べられている家庭料理だった。

1プレートに、ごはんとサラダ、赤い豆とジャガイモなどが入った煮物、そしてスパイシーだけど甘いチキンが綺麗に盛り付けられていた。

全部とてもおいしくて、おかわりしちゃいました^^

チキンの味付けの仕方を知りたかったけど、彼女に聞いたら、それは企業秘密なの。昨日の夜から仕込んだのよ^^とのことで聞くことは出来なかった。だけどその後何度も彼女は私や友人に自慢料理を振舞ってくれて、その度に料理をならいました♪

 

食事も終わり、片づけをしながら色々話をしていると、香港の男の子が私たちに見せたい動画があるといってパソコンでそれをみることになった。

次から次へと、これは知ってる?これもう見た?この動画は傑作だよ!など動画をみていき、あるところで日本のコメディー番組にたどり着いた。でも日本のコメディーとかの動画って字幕が付いていないものが多くて、彼らは私にその場で通訳していってと言ってきた。笑

そんなにコメディー番組を見たことがなかったので、途中途中なんて表現したらいいのかわからず、結構悩まされました。笑 

英語ももっと勉強しなきゃなってこの時思いました。

 

彼女らの英語のレベルは物凄かった。母国語じゃないのに、ネイティブ以上に流暢に話す彼女らといることで、自分も満足しないでもっともっと英語での物事の伝え方の幅を広げよう。見習おうと素直に思いました。

 

これが凄くいい経験で、いままで見なかった番組もみるようになり、彼らに聞かれた時にすぐ通訳できるようにと、毎回動画を見る際にどうやって内容を伝えるか考えることで、鈍っていた頭の中がだんだん活性化されていく気がしました^^;

ウェルカムパーティー

1日の休みを挟んで、試験の結果と各クラスの時間割等が発表された。

そして、大学主催のウェルカムパーティーがあるということで、そこでみんなと会うことになりました。

 

会場につくとまだイッツァなど試験の日に仲良くなった子達はいなかった。でも沢山の人から、"話してみたかったの〜" とか "試験日に着てた花柄のワンピースが可愛かった" (笑)とか話しかけられ、正直すぐに全員の名前覚えられないって位色々な人と話しました^^;

 

 

私は一番下のクラスA1だとわかり、同じクラスの子を探したけど見つからない。。。

もちろんイッツァは上から2番目のクラスだし、他の友達もレベルが遥かに高かった。

クラスメイトがいないとかあるのかなぁ、とか色々不安に思うことを正直に友達に話すと、みんなは私の不安を吹き飛ばすかのように大きく笑ってくれました。

"もし一人だったら、それはそれでラッキーだよね、同じ授業料でプライベートレッスンじゃん!!それに一番下のクラスなのに、誰よりも友達が多いんだし。なにも不安がることないよ。"と。笑い飛ばしてくれたことで少し安心し、そのことについては考えるのをやめました^^笑

 

“そんなことよりもさ〜!!”と大きい声でイッツァが、”郷土料理が食べれるんだから、全種類食べなきゃね!私が取ってきてあげる!ワインは赤白どっち!?” と聞いてきたが、私の答えを聞く前に行ってしまった。笑

そして近くに一人でいる女の子を見つけたので声を掛けた。

 

私はここ、ポルトガルに来ることに対して全く不安がなかったわけではない。

だから誰か打ち解けられない人や、初対面の人と話すことが苦手な人、タイミングを逃してしまった人などが一人でいるのを見るのは嫌だった (私だったら悲しいので)。

だからって訳でもないけども、積極的に話しかけました^^

 

彼女はイタリア、ローマから来たロサンジェラ。

最初、笑顔が緊張しているようだったから、"緊張しているの?それとも少し疲れている?"と聞くと、元々初対面の人と話すのが苦手なのに、自分がパーティーに到着した時には、みんなそれぞれに盛り上がっていたから話しかけられなかった、とのことだった。

そしてクラスはイッツァと同じだということがわかり、プエルトリコ・スペイン・オランダ・フランスetc.から来てる子達が貴女と同じクラスにいるから良かったら紹介するよ〜と、話をしているとちょうどイッツァが沢山の料理を持って戻って来た。

 

時間が過ぎるのはとても早かった。そろそろお開きという頃になり、話し足りなかった私達は数人で近くのバーに行くことにした。

この時初めて、”海外で出会う日本人”で、

"こんな素敵な生き方してる人っていいな" と憧れる人との出会いがありました。彼のことはBと呼ぶことにします。

いまでも時々、Bとは連絡を取っています。世界中の人から好かれる彼のこともまた違う記事で少しお話したいと思います^^

大学初日

大学初日と言っても、今日は2時間ほどの筆記試験と個別でのオーラル試験だけだったので、早めに指定された教室の前に行くことにしました。

試験開始の30分位前に到着すると、もう既に10人位の学生さん達が何グループかに分かれて談笑していた。

美人さんばっかりで、興奮したのを覚えてる。笑 

(モデル・女優さん級がごろごろいたので^^) 

 

教室前のベンチに座っている子の近くに行き、"隣座ってもいい?"と尋ねると、

"もちろんよ!え〜っと、ポル語と英語どっちがいい?"と気さくに笑いかけてくれた。

彼女の名前はイッツァマル、プエルトリコ出身の愛らしく太陽みたいな女の子。

 

この時初めて話しかけたのがこの子でよかったと思い、感謝してます。この後のここでの生活にイッツァは欠かせない存在となりました。

日本出身だよというと、彼女は目をきらきらさせ、私は漫画とアニメが大好きなの!!それで日本語を勉強しているんだよ^^ と言って、この漫画は知ってる?とかあのアニメに今ハマってるとかマシンガンのように話し出した。

 

私たちが話をしているうちに、どんどん学生がやってきて、そのうち彼女と同じ大学の学生さん達もやってきたので、イッツァが彼らのことを紹介してくれた。

 

教室が開き、中に入る頃にはもう既に周りの人たちとも打ち解けていた。

自分の席に着き少し待っていると、試験前に文学部学長が挨拶しに来てくださいました。が、…..全くわからない。笑

 

もちろんだが全てポルトガル語、仕方ないから隣に座ってた男の子に、"大体でいいんでなんて言ってたか教えてもらえますか?"というと、

その男の子はきょとんとした後すごくびっくりして、"マジで何にも分かんなかったの?テストの形式について・・・・・"と説明してくれた^^

 

もちろん大体は自身の専攻だから、このサマーコースを受けに来ているという人が多かった。

アジア圏の学生は2〜3年生が多かったけど、各国で勉強していただけでは、筆記はできるが何を言っているか聞き取れない、といった生徒が多いとのことでした。

 

イッツァは斜め前の席だった。試験開始の直前になって、"ねぇボールペン貸して?"と言ってきた。

試験なのにボールペン一本すら持ってきてないとか、どんだけ自由な人なんだ!と笑ってしまいました。

 

試験は終わった人から退室してよかったので、早い段階で私は退室しました。

試験用紙を提出する際に、(講堂の前の方に何人かの教授が立っていたので)0からのスタートの為、オーラル試験はどうしたらいいですか?と質問をしたら、それは試験の必要がないから時間割がメールで届くので待ってね、とだけ言われました。

 

大学を出てそのまま家に帰るには早かったので、近くのカフェに入ることに。

 

初心者からでも良いというサマーコースだったから申し込んだけど、もしかしたら私と同じような人は一人もいないのかな。

とか、

もしそうだったらコースを受けれないこともあるのかな。そしたらイッツァ達とも….

と、もう色々なことを考えたわけですよ。必要ないのに。笑

 

そして注文をとりにきたウェイターのお兄さんに話を聞いてもらい、すこし泣きました。笑

日本への印象?

まず二人は、初対面でこんなに自然と話をする日本人を初めてみたと言って爆笑していた(もちろん良い意味で)。

日本人だってだんだん変わってきているからね、たまたまあなた達がまだそういったタイプの日本人に出会ってなかったのかもね。なんて話をしていた。

 

 

彼らは一度日本を訪れたことがあり、その時の事を私とアントニナに話し出しました。

 

東京で道に迷った時、何人かに話しかけたら一人の男性が立ち止まってくれて、紙とペンをだして簡単な地図を書いてくれたとのこと。

何も話してはくれなかったけど、もくもくと地図を書いてくれてやっぱり今でも”サムライ”はいるんだね〜!と言うもんだから、笑ってしまいました。

 

それ多分凄くいい人だけど、英語が喋れなかったから地図をかいたんだろうね。だから無口でスマートなサムライではないかも。と言うと、

オーストリア女性は、私の国でもし道を尋ねられ、言葉が話せなかったらそのまま立ち去るわよ。と。当たり前よ、といった顔をしていた^^;

 

私はオーストリア人は凄く親切なイメージがありますけどね。もちろんどこの国でも人(と場合)によりますもんね。

 

 

インド人男性は、自分の時は目的地まで連れて行ってくれたと言っていた。

その人はとても親切だったけど、多くの人は英語喋れません、と手を、顔を横に振って話も聞いてもらえなかったということも言っていた。

日本を訪れた観光客の多くはきっと同じ様なことを言うと思う。

この先この二人とは深く仲良くなり、後々各々の国についての厳しい意見なども飛び交うことになりますが、それは追々。笑

 

さて、お腹もいっぱいになったしそろそろ洗い物とかし始めようかなと考えていたら、マリアがまだまだこれからよ〜と、手作りデザート数種類とフルーツ、そして他の友人も沢山ケーキをもってきてくれていたようで、テーブルの上は一気にデザートブッフェ状態になりました♪

 

そして、昔ポルトガルに留学していた友人からもらって初めて飲んだ緑のワインが好きだったという話をすると、

どんな銘柄のものだったかとか、色々質問されたけどわからなくて、覚えているボトルの特徴を話すとgatão(ガタオ)という猫のパッケージの学生向けワインだとわかった。

 

f:id:gaijintokurasu:20170204120059j:plain

 

 

 

 

 

するとみんな声を揃えて、"それはね、ワインとは言わないのよ。沢山いいワインを飲んで勉強して帰って日本人にも伝えてよね"と笑った。

実はそれぞれみんな良いワインも持ってきてくれてたので、それも全部少しずつご馳走になりました。

 

ワインのあとは、カフェとクッキー(まだ食べる?って感じですよね。笑)をご馳走になり、もう日付も変わり2時近くになっていたので、お礼とまたそれぞれに会う約束をして部屋に戻りました。